電気羊の執務室

魔法を作る仕事をしています。

Octopressのインストール(前編)

OctopressとGitでブログを作ろう、と思い立ってから1週間。
試行錯誤の末に、ようやくブログが上げられたので、ハマったポイントを紹介してみたいと思います。

インストール環境は、mac OSX Lion + zsh。Xcodeは入ってるところからスタートしました。
記事内で、ちらっとUbuntuでのインストールにも触れます。関係ない人はスルーで。

Octocatに似たデザインのmac

Octopress導入まで

あまり何もないところから、Octopressを導入するところまでの 手順を、ここにまとめてみます。
大まかに、Octopressインストールまでには、以下のものが必要です。

  1. Ruby 1.9.2以上(1.9.2そのものがおすすめ)
  2. Git

オイラのMacに入っていたRubyは1.8.7だったので、
Ruby-1.9.2を別途入れる必要がありました。 コマンドラインでruby --versionと入力して、”1.9.2”と表示されなかった方は、RVMを入れる必要があります。

Rubyのインストール準備

Octopress公式サイトでは、RVMかrbenvで、Rubyをバージョン管理することを勧めています。
ここでは、RVMを使って進めます。

突然ですが、質問です。
あなたのOSはMacですか?
Yesの方は、RVMのインストールに進んで下さい。
Noの方。Linuxをお使いで、Curlが入っていない方は、Curlをインストールしないといけません。

Curlのインストール

Ubuntuの場合は、以下のコマンドでcURLをインストールします。 sudo apt-get install libcurl-dev 以上。

RVMのインストール

次に、どなたさまもこのコマンドを、ターミナルで実行します。ディレクトリは、初期状態で構いません。 bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

ここから、シェルに何を使っているかで、二手に分かれます。
何のことかわからない方は、最初の道を選んでください。あなたはbash組です。


1. bashを使っている方、何のこと?の方

以下のコードを、ターミナルで実行します。

echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

2. zshを使っている方

オイラも、今回を機にzshデビューしました。このコードをどうぞ。

echo '[[ -s $HOME/.rvm/scripts/rvm ]] && source $HOME/.rvm/scripts/rvm' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc`

これで、Rubyを入れる準備ができました。まだ先は長いです。
でもげっそりしないで下さいね。
ひとつひとつは大した事じゃないです。うまくいけば・・・

GCCのインストール

オイラがインストールを試した中で、一番のポイントは、このGCCでした。
公式サイトにも載ってない落とし穴なので、注意して読んで下さい。
シチュエーション別に解説します。


1. Macの方

また質問ですが、あなたのOSはLionですか?
Noの方は、ここでは何もしなくていいです。RVMのインストールに進みます。

Yesの方は、ここ(→GCC-10.7.pkg )からインストーラをダウンロードして実行します。

そして環境変数CCをシェルのプロファイルに書き込みます。
例によって、どちらのシェルを使っているかで、手順が分かれます。


bashの方+なんだか分からない方

export CC=/usr/bin/gcc-4.2を、~/.bash_profileに追記し(ファイルがなければ作る)、ターミナルを再起動します。
こんなふうにコマンドで打つと、勝手にファイルを開くか作って書いてくれます。

echo "export CC=/usr/bin/gcc-4.2" >> ~/.bash_profile
zshの方

zshの方は、ファイル名が違います。
export CC=/usr/bin/gcc-4.2を、~/.zprofileに追記してください。

参考資料:

MacOSX LionでのRubyの扱い方、またはllvm-gccについて
FIX for Lion’s posix_spawn_ext.bundle: [BUG] Segmentation fault


Ubuntuの方

UbuntuではGCCが入ってないので、build-essentialというライブラリをapt-getして下さい。
詳しくはリンク先:thincaさんのページを参照。

参考資料:

Ubuntu のデフォルトでは gcc でコンパイルできないので build-essential を入れておく

詳しくないので、その他のディストリビューションの事はわかりません。


Rubyのインストール

やっとここまで来ました。 ここからは、手順としてはもう少しです。 PCに頑張ってもらう感じになります。

Rubyをインストールします。 今回必要なライブラリは1.9.2です。 新し過ぎても面倒がある感じなので、スバリ1.9.2そのものをおすすめします。

rvm install 1.9.2 && rvm use 1.9.2
rvm rubygems latest

このコマンドで、Rubyのソースコードをダウンロードしながら、
自動的にコンパイルします。ここでさっきのGCCを使うんです。
けっこう時間がかかります。

Gitのインストール

Gitのインストールは、brew install gitとかやってください。 Ubuntuの方は、sudo apt-get install git-coreです。

参考資料:

MacにHomebrewをインストールする(ついでにGitも せっかちな人のための git 入門 – githubt をインストールし、共同で開発できる環境を整えるまで : 僕は発展途上技術者 最速で Git を Mac にインストールして基本的なコマンドを使う方法


次回

次回は、いよいよOctopressをインストールします。

Comments