電気羊の執務室

魔法を作る仕事をしています。

Vimの設定見直し中

vimの設定を見直しています。 最近zshを使うようになって、gvimのコマンドラインに不便を感じるので、 コマンドラインから起動するモードでも便利にやれたらいいなぁと思っています。

今の設定で行くと、いろいろと超えないといけない壁がある感じです。

NeoComplCacheが使えない

最大の問題は、NeoComplCacheがコマンドラインからは使えないこと。
rbファイルやHTMLファイルを編集しようとすると、 ファイルを開いた時か保存した時のどちらかに、猛烈な勢いでエラーを吐きまくります(詳細は画像参照)。

もう一点重大な問題として、日本語入力などの設定が、コマンドラインからのVimでは不便すぎます。

  • IMEが全ての入力に優先している。
    Vimのモード切替などは、日本語入力中でも、半角で受け付けてくれないと不便です。
  • Insertモードにすると、カーソルキーでカーソルが移動できない(A〜Dの入力で代替される)。 set nocompatibleと, imap ^[OA を試した結果、改善されないので諦めました。

基本はGvimを立ち上げるが吉、で当面やってみようかと思います。 むしろGvimのコマンドラインがzshになってくれたら文句ないんですが、 Vimのコマンドでlessを使うたびに、『ターミナルの全機能が使えるなんて思うなよ』と言われてしまうので、 半ば諦めています。おわり。

エラーメッセージの画像

tmux-114×44
tmux-114×44-1-3
tmux-114×44-3

Comments