電気羊の執務室

魔法を作る仕事をしています。

Bitbucketへ引っ越してみた

ブログのリポジトリを、githubからbitbucketへ移してみました。 だんだんGitの使い方に習熟してきたので、楽になってきました。

下書きモード

octopressの取り扱いに慣れるため、published=falseの下書きモードを使ってみています。 記事のヘッダーのpublished:をfalseに設定することで、その記事は下書きとなります。 ローカルでプレビューすることができるのはpublish:trueの時と同じですが、リポジトリにpushしても非公開になっているところが違います。

使い道について考えてみた

ローカルのプレビューができれば、下書きモードのpushはあまり恩恵がないような気がしますが・・・ どんな時に便利なんでしょうか。

タイマーで予約投稿ができれば便利な気がします。

その後

結局、bitbucketは記事のソースだけを管理することにし、 記事はgithub pagesを使う事にしました。

理由は、bitbucketはCNAMEが有料オプションだからです。 画像はSkitchに置くことにし、Skitchから効率よくMarkdownに書けるように 工夫します。

Comments